■ ホルモンとは


      ホルモン(ドイツ語: Hormon、英語: hormone)とは、動物の体内において、ある決まった器官で合成・分泌され、
      体液(血液)を通して体内を循環し、アミノ酸 別の決まった器官でその効果を発揮する生理活性物質のこと。NYダウ
      生体内の特定の器官の働きを調節セルライトマッサージ するための情報伝達を担う物質であり、栄養分などとは違って、ホルモンの
      体液中の濃度は非常に微量であるのが特徴。例えば、典型的なペプチドホルモンの血液中の濃度は、
      10-9 mol/L(nmol/L=ナノモル)程度と、きわめて低濃度である。

      ホルモンの分泌形式を内分泌FX 必勝法 (endocrine)と呼ぶ。これは、ホルモンが、体内 (血液中) に分泌されること
      から、体外(消化管の内腔を含む)トルコリラ に分泌される外分泌(exocrine)と対比する呼び方である。
      ホルモンを分泌する器官を内分泌器官(endocrine organs)と呼ぶ。

      ホルモンが作用を発揮する器官を、ホルモンの標的器官(target organ)と呼ぶ。ホルモンの標的器官の細胞
      には、ホルモン分子に特異的に結合する蛋白質であるホルモン受容体(ホルモン・レセプター)が存在する。
      受容体がホルモンと結合することが、その器官でホルモンの作用が発揮される第一のステップとなる。
      標的器官が非常に子宮内膜症 低濃度のホルモンに鋭敏に反応するのは、このホルモン受容体蛋白質が、ホルモン分子と
      だけ強く結合する性質が基本となっている。

      ホルモンによって行われる、ある器官の機能の調節のことを、体液循環を介した調節であることから液性調節
      と呼ぶ。液性調節は、神経伝達物質を介した神経性調節に比べて、時空間的には厳密なコントロールができない
      一方、遠く離れた器官に大きな影響を与えることができる、コストのかからない調節であるといえる。
      また、アドレナリンなど液性調節と育毛シャンプー 神経性調節の両方でシグナル伝達に介在する物質もある。


    ■ ホルモンの検出と測定法


      ホルモンは、非常に微量でその作用を発揮するようにできており、血液などの体液中での濃度も極めて低い。
      このため、ホルモンを、冷え性 その物質としての性状から他の物質と分離・精製するのは一般に困難である。
      しかし、ホルモンの濃度を調べることは、特定の病気の診断において、非常に重要な場合がある。

      生理活性を利用した手法
      ホルモンの生体内での生理活性を指標にする方法。ホルモンの濃度の国際単位はこの方法で決定されている。
      実験動物などにホルモンをハイドロキノン 投与し、その動物に起きる反応の大きさを、あらかじめ濃度のわかっているホル
      モン試料と比較することで、濃度を推定する。実験動物を用いた方法に加え、特定の培養細胞を用いた方法
      も開発され、基準化、簡便化が図られている。


      免疫学的な手法
      ホルモンに対して特異的に南アフリカランド 結合する抗体を測定対象の試料に加え、ホルモンと抗体との複合体を形成させ、
      このホルモンと結合した抗体の量を何らかの方法で測定する方法。生理活性を用いた方法よりも簡便で
      安価であり、実際の診療に用いられる場合が多い。


       出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 [PR]  エステ体験 札幌 エステ体験 横浜 エステ体験 千葉 エステ体験 東京 エステ体験 名古屋 エステ体験 京都
      エステ体験 大阪 エステ体験 神戸 エステ体験 福岡 エステ体験 埼玉

Copyright (C) 2008 ホルモンについて考える All Rights Reserved.